長時間露光写真を撮るときに心に留めておくべきいくつかのこと

私たちはしばしば、空と自然の見事な画像を目にします。それらは、高価な機器を備えたプロの写真家によって撮影されたように見えます。 長時間露光写真と呼ばれるこのタイプの写真は、どんなタイプのカメラを持っているほとんどの人でも撮影できます。 フィルター、三脚、そして最も重要なのは忍耐力など、さまざまなタイプの機器を含め、完璧なショットを達成するためのさまざまな方法があります。

長時間露光写真とは何ですか?

長時間露光写真の組み合わせは シャッター速度、フォーカス、そして光。 最も人気のある写真のタイプのXNUMXつであり、ほとんどの人が素晴らしい結果を得ることができます。 このタイプの写真は、写真家が想像力を使ってシーンとそれがどのように見えるかを視覚化する必要があるため、真の芸術形式です。 また、フィルターやシャッタースピードの調整など、カメラの設定や操作に関する知識も必要です。

初心者でも経験豊富な写真家でも、これは目を引く写真を作成するための優れた方法です。 また、最も単純な被写体もユニークに見せることができ、初心者の写真家をプロのように見せることもできます。

設定を微調整する

このタイプの写真はやや単純ですが、意図した結果を得るには、さまざまなカメラ設定を考慮する必要があります。 シャッタースピードやシャッターリリースなどの特定の側面は、完璧なショットの頂点です。

シャッタースピードは、カメラのシャッターが開いている時間です。 シャッターの設定を適切に行うことは、このタイプの写真にとって重要です。それは、光や他のオブジェクトの反応を制御するためです。 ただし、露出オーバーになる可能性があるため、シャッターを長時間開いたままにしないことが非常に重要です。 したがって、低いシャッター設定を使用すると、写真が露出オーバーにならないようになり、ショットがよりプロフェッショナルに見えます。 フィルター レンズに入る光の量を調整することで、ショットに大きな違いをもたらすことができます。

長時間露光写真による光の帯

適切な機器を持っている

完璧なショットをセットアップするために利用できるさまざまな機器があります。 最も重要なのは、鮮明な写真の可能性を最大限に引き出す安定した焦点の合ったカメラを用意することです。 さらに、適切な照明は絶対に不可欠であるため、カメラに手動のシャッター速度とISO設定があることを確認することが重要です。 三脚は、シャッターが選択したシーンからの光を集めている間、カメラが安定して保持されることを保証するため、非常に重要です。

場所は重要です

場所は完璧な写真の鍵です。 完璧な場所の最も重要な側面のXNUMXつは、光の量です。 ライトを使用すると、人が歩いている、波が砕けている、雲が動いているなどの動きの印象をショットに与えることができます。 長時間露光ショットは実際のショットとはまったく異なる外観になるため、鮮明な想像力を持つことが写真の外観を推測するための鍵となります。

多くの写真家が選ぶ シティ 車や建物から突き出ている巨大な光のあるセンター。 自然 夜の星の自然光が素晴らしい長時間露光ショットを可能にするため、別の人気の場所です。 写真を撮るときに被写体がどのように動くかを決めるには創造的な心を使う必要があるので、写真セッションの前にその場所に行くことが非常に重要です。

長時間露光写真を撮るときに中性濃度フィルターを使用する

ニュートラルデンシティフィルターは、カメラのレンズに入る光の量を決定します。 光はショットの最も重要な側面のXNUMXつであるため、これは長時間露光写真の重要な側面です。 これは長時間露光の夜間写真に特に重要です。レンズに小さな光が入るので、息をのむようなシーンが作成されます。 レンズにNDフィルターを追加することで、カメラのセンサーに当たる光の量を制御し、最終的にはショットの外観を制御できます。

これらのXNUMXつはグラデーションニュートラルデンシティフィルターで、レンズの上に置かれたグラデーションのように機能し、一方の側はほとんどの光を透過し、もう一方の側は徐々にカメラのセンサーに徐々に光を透過させます。 この徐々に暗くなるシーンは、写真にきちんとした光の変化を加えるために使用できます。 多くの初心者写真家にとって、NDフィルターはオプションではない可能性があります。そのため、NDフィルターによって与えられる錯覚を再現するためのいくつかのトリックがあります。

NDフィルターなしで完璧なショットを得る最も一般的な方法のXNUMXつは、カメラのシャッター速度を最低設定のXNUMXつに設定して最適化することです。 これにより、写真家はフィルターの値札がなくても同じ効果を得ることができます。

被写体に焦点を当てて写真を撮る

そして最後に、写真を撮る時間です。 写真を撮るには、それ自体がアート形式です。写真を正しく撮るには、カメラに十分な時間が必要です。 三脚にカメラを設置し、被写体に焦点を合わせたら、カメラの設定を微調整して完璧なショットをとりましょう。

写真を撮るときは、カメラのシャッターが適切な速度であることを確認することが重要です。 写真を撮るときは、カメラのオートフォーカスまたは手動モードを使用できます。 ただし、マニュアルモードを使用する場合は、レンズのフォーカスリングを調整してショットがくっきりと鮮明になるようにすることが重要です。

長時間露光のシカゴEL

長時間露光写真の優れている点は、カメラのオートフォーカスとマニュアルフォーカスの両方を使用して撮影できることです。 まずカメラをオートフォーカスに設定し、次にカメラのシャッターボタンを半分押してから、手動フォーカスに切り替えます。 この方法は、鮮明で明確な焦点を維持できるため、多くの写真家に利用されています。これは、手動モードだけでは難しい場合があります。

賑やかな都心でも田園風景でも、写真に感動すること間違いなしです。 ただし、微調整する設定がもうXNUMXつあります。 多くの場合、カメラではシャッターボタンをXNUMX秒間しか押し続けることができません。 ただし、「バルブモード」に切り替えることで、シャッターを押す時間に制限がなくなります。 そして、忘れないでください、あなたの想像力を使って、あなたの写真がどうなるかというシーンを実際に設定してください。

長時間露光の写真は、芸術的才能をアピールするのに最適な方法です。 シーンとの関係を楽しみ、促進することができます。 写真はリラックスしてアウトドアを楽しむのに最適な方法なので、最も重要なのは、経験を楽しんで楽しむことが重要です。